中国の海淘(ハイタオ)ユーザーの8割以上が既婚者!

PayPal(ペイパル)の最新調査によると、72%の中国海淘(ハイタオ)消費者が既婚かつ子持ちであることがわかりました。その中でも大部分を占めるのが幼齢児童(6歳以下)をもつ親御さんで、彼らの平均購入金額も比較的高めです。

このPayPal(ペイパル)のリサーチは1500名の過去12ヵ月以内に海外ECサイトからショッピングしたことがある中国消費者に対し、行われたアンケート調査です。結果によれば、60%の海淘(ハイタオ)族は一級都市の上海、北京、広州や深圳で生活し、大部分が大学以上の学歴を有し、英語能力も非常に高い。そして、彼らが海淘(ハイタオ)を選ぶ主要な原因は、正規品の保障、ブランドや商品のバラエティにあるという。

201506028751433231012031

47%の中国海淘(ハイタオ)族は幼齢児童(6歳以下)をもつ親御さん。アンケートに協力してくれた海淘(ハイタオ)消費者の中で、もっとも高い層の家庭の平均年収は約408800元(約800万円)、彼らの平均消費総額は子供を持たない既婚者よりも15%高く、未婚者よりも39%高かった。彼らの約半数(51%)がベビー用品のほか、洋服、化粧品や電化製品を海外から購入しています。

PayPalがこのリサーチで言えるのは、商品の本物保証、豊富な海外ブランドを選択でき、商品のバラエティが中国海淘(ハイタオ)消費者を惹きつける理由であると指摘しました。

50%以上の幼齢児童をもつ親御さんは商品の本物保証を購入決定要因としています。彼らが商品購入決定前に約1週間前後は商品について調査していますが、購買決定したら短時間の間に購入します。何故ならば彼らの購買決定はブランドの認知度や商品の本物保証に依存しているからです。そして、この層はまたリピーターになりやすいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中