アジア太平洋地区でモバイルショッピングに最も熱中しているのは中国!

7月3日、日本経済新聞の記事によると、「スマホユーザーの増加に伴い、モバイルショッピングもこの地区のブームとなりました」——MasterCardが以前に実施したアジア太平洋地区のモバイルショッピング状況についての調査結果が出ました。レポートによれば、アジア太平洋地区の半数近くのスマホユーザーがモバイル端末を利用してショッピングサービスを利用しています。

Asia-Pacific_map1

この調査は2014年10月-12月に実施されたものです。結果によるとアジア太平洋地区の14の国と地域で、45.6%のスマホユーザーが3ヶ月以内に在最近3个月以内にスマホを使ってショッピングサービスを利用しています。2011年の実施された第一回の調査結果ではその利用率が26.8%であったが、今回では大幅に増長しています。その中で、中国大陸ユーザーの利用率が最高で70.1%に達していました。


md307

その後にインド(62.9%)と台湾(62.6%)が続きます。東南アジア諸国の利用率も高く、タイ(58.8%)とインドネシア(54.9%)の利用率はいずれも50%を超えています。的利用率均超过50%。とりわけ、インド・台湾。マレーシアの利用率の増長が顕著で、2年前の調査に比べて二倍以上となっています。

質問でモバイルショッピングを利用する最大の理由はと聞いた場合、49.5%もモバイル端末のショッピング利用者が「利便性」にあるといいます。モバイル端末の低価格化やインターネット速度の向上を背景に、スマートフォンなどを使用するネットユーザーの増加がこの地区のモバイルショッピングブームを後押ししました。また、この調査でオーストラリアとニュージーランドを除いた多くのアジア太平洋地区の国と地域のスマートフォン普及率が94%を超えていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中